事業内容

■仕事の内容

公共工事及び民間工事の施工技術部門を担当

(道路新設・改良・維持工事・橋梁下部工事・河川護岸工事・アスファルト舗装工事など)

●公共工事の大まかな流れ

 工事受注⇒発注者・関係機関・地元等との打合せ・調整⇒施工計画書⇒実行予算書⇒現地測量

(外注時も有り)⇒現場施工管理⇒工事検査書類作成⇒中間又は完成検査⇒工事成績受領

◆主な内容

 

 1.  施工計画書等の作成
 2.  関係機関への法的な提出書・申請書・道路使用届等作成提出
 3.  実行予算書の作成
 4.  商社等へ材料の見積り・手配、一次下請け会社へ工事見積・手配、直営の段取り
 5.  日々の施工管理・工事日誌・安全管理書類の記録
 6.  各種測量機器(レベル・光波等)により測量
 7.  支給パソコンのCADソフトにより図面作成
 8.  写真管理ソフトにより工事写真帳整理
 9.  各種品質・出来形管理ソフトにより管理図等の作成
10.  ISO9001に係わる工事書類の作成

 

●民間工事の大まかな流れ

(民間工事= 公共工事の下請け工事、一般の方からの仕事の請負のこと)


総務営業より見積作成依頼⇒見積書・実行予算作成⇒総務営業で工事を受注⇒工事打合せ簿を基に現場施工管理⇒検査書類作成⇒請求案作成⇒受注会社毎の請求書締め日に、請求を行います。

◆主な内容 

 1.基本的に上記公共工事の1と2を元請け会社が行い、3からを下請けとして行います。

 

■教育制度

●各種資格取得に係わる費用は、全て会社負担です。

 

(1級.2級土木施工管理技士・1級.2級舗装管理技術者・地山の掘削作業主任者・土留め支保工作業主任者等)

★弊社の特徴

他社では、1回目の試験費用は会社負担で、不合格の際の2回目以降は、個人負担となる場合が多いと聞いていますが、弊社では2回目以降の受験費用も会社負担で挑戦をして頂きます。

■その他入社後の事項

・技術職の方は、入社後に先輩技術者より、技術者教育及び新人研修プログラムを行います。
・作業員の方は、入社後にスキルを身につけたい方、スキルアップを希望される方は、歓迎致します。 (各種技能取得費用については、前述の様に会社負担と致します)
・全体の安全朝礼は週初めに行います。
・毎月月末に安全衛生会議とISO9001の品質会議を行います。

技術者教育・及び新人研修プログラム

◎ 現場安全パトロールと合わせての各現場視察 
◎ 社会人としての礼儀など (挨拶・言葉づかい・人への気遣い等)
  資料よる教育研修など
◎ 測量関係 = 機器の操作方法 (レベル・光波等)KBMからの~・TP等
◎ 図面等の見方・設計図書の把握 + 現場と設計図書の関係
◎ CADの操作方法
 (デキスパートソフト(工事検査用書類ソフト)など)どんな書類を作成しなければいけないか。模擬操作。
◎ 工事の流れを把握 (工事受注後から工事完成検査・引渡まで)
  協議書・提出書・承諾書等の提出時期・内容説明など 
◎ 作業計画の種類 (施工計画書・各関係機関への作業届・報告書等の種類)
  地山10m以上の工事の時・ 足場の届出・道路使用届等
◎ 現場写真の撮り方・写真ソフトによる整理の仕方等
◎ 検査書類の作成の流れ・方法・要領 (各官庁ごとの検査マニュアルの種類)
◎ コンクリート材料・アスファルト材料 (生コンプラント・アスファルト合材工場視察)
◎ 各共通仕様書の説明  
◎  ISO9001関連の作成書類・打合せ簿・工事日誌の記入要領など
◎  PC操作・エクセル・ワード = 必要時 
◎ 各種現場試験(現場密度試験・アスファルトコア等)の把握
◎ 出来高報告書作成要領(請求書からの記載など)   
  等々